跳びはねる思考

自閉症である自分は、なぜ突然大きな声を出してしまうのか。
いつも、どんなことを感じ、どんなふうに物事を考えているのか。

自閉症であり、作家である東田直樹さんが柔らかでまっすぐな言葉で綴った詩とエッセイ集。 
 
10代のもどかしさを、静かな言葉で表現しています。
自閉症に関心を持つ方はもちろん、大人と子供の間で揺れている心を持つ方にもお薦めの一冊です。

¥ 1,404

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クッション配送

    緩衝材付きの封筒で配送します。本が傷むことなくお手元に届きます。

    全国一律 500円

※6,600円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。